正しく着物を着る


いまでもアイドル、そして国歌奉唱歌手の宇野美香です。
2月28日
正しく着物を着る
女は、なるべく美しくなるように心が来掛けなくてはならぬのです。なぜか。
正しく着物を着ると心が正しくなる、きれいな着物を着ると心も美しくなる。これは着物をもって心美しくするということであります。
女は、美しく、柔らかく、優しくゴムまりのように柔らかい。しかし、ゴムマリだから押されるとへこむが、またももとに戻る粘り強い、強いのであります。女性が粘り強い、優しさを小出しにするからであります、これが女性の真心であります。

何時までも、美しく、可愛らしく、ふんわりとやわらかで、なんのこだわりも不足もなく、澄み切った、はりきった、心でいたいです。
みなさまも爽やかな土曜日でありますように〜